読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No.36 覚悟と自分を知る

覚悟を決めろ

 

 

親や周りの人から言われる言葉。

 

 

 

昨日、お話しさせて頂いてしっかりとはっきりしたこと。

 

 

 

 

 

 

圧倒的量が足りない。

 

 

 

 

 

 

 

感じていたけれど、逃げていたところ。

 

 

 

 

 

 

 

変わりたいけれど、

変わりたくない。

 

 

 

 

 

ぐさっときた。

 

 

 

 

 

 

死ぬ気で何かを成し遂げたことがあるだろうか?

その経験が少ないのか。

 

 

 

 

 

 

自己分析。。。

 

 

 

 

 

 

確かに、中途半端だった気がする。

 

中学、高校での野球で投手を争ったこと、空手でライバルに結局勝てなかったことなど

 

 

 

 

何かしらも2番以下で、1番になったことってない気がする。

 

 

 

 

 

分析。。。

 

 

 

 

 

 

人対人のことについてはいつも中途半端になってしまう。

対決の形をとるとダメなんだな。なんだか簡単に心が折れてしまって、逃げてしまう。

 

 

 

 

 

なんだったら死ぬほど頑張れたか。いや死ぬほどっていうか、夢中・没頭できたか。

 

 

 

 

自分と戦っていたわけでもない。

戦うではなく、夢中に楽しめた時だ!!!

 

 

じゃあどんな時??

 

 

 

 

 

 

 

それは、大切な人が喜ぶだろうと思う物を作っている時、論理的構造を作ったり(イメージ化)した時。あとなんだろう。人に認めてもらおうと頑張った時かな。

 

 

 

 

自分は誰かが喜んでくれる物を作る時が一番楽しいんだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が誰かが喜んでくれる!

 

 

 

 

 

 

 

こういう形にすれば自分はできるんだと思う。

 

 

 

 

 

 

何が自分は好きなのか、どういう人間なのか、どういうことを楽しい・好きと感じるのか、なんでそう思うのかを深く深く考える。

 

 

 

 

 

 

そして、汎用性の高い軸を作る。

その軸を使って色々なものに繁華させていく。

 

 

 

 

 

 

難しいんですが、まずは自分を知るということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは小さく。そして紙1枚くらいの段差を重ねて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分は量を!!