読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No.51 大切な人を守る時に、人は強くなれる

心理学

「君には大切な人がいますか?
人は・・・大切な何かを守りたいと思ったときに
本当に強くなれるものなんです」
 
「もし君を心から認めてくれる人が現れた時… その人は君にとって最も大切な人になりえるはずです」
 
 
 
 
今日、ナルトの漫画を少し読みました。
 
 
 
 
いやーやっぱり漫画とかドラマ、映画から学べることは多いですね!
 
 
 
 
自分はこの言葉がすごくしっくりきますね。
 
 
 
 
 
 
この前病院でプレゼンさせてもらったんですが、聞いてもらえる人が「聞いてよかった。元気になれた。」と思えるように考え、資料作りをして練習し準備を重ね、発表させてもらいました。
 
 
 
 
 
 
結果、皆さんには面白かった!元気がもらえた!などお声を頂けました!
常に相手の事を考えて作った結果なのかなと思いました!
すごくすごく嬉しかったです。
 
 
 
 
 
 
自分の作ったもので、大切な人たちに良い影響を与えられた時って嬉しいですね!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回の発表で改めて感じます。
 
 
 
 
 
 
 
 
自分のやる気の源は、「大切な人」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
心理学的にも利己的行動よりも利他的行動の方が幸せと感じれると証明されています。
 
 
 
利他的な行動は幸福感を上げ、人に優しくなり免疫力と問題解決能力があがって成功しやすくなる。他人に貢献することで物質的欲求が収まりお金の節約にもなる。
 
 
 
 
 
 
ともあるので、自分のこの性質をもっと伸ばしていこうと思います!
 
 
 
 
 
 
 
あ、ただちなみにですがこの利他的行動というのは、
「お金をかけずに、自分の強みで貢献する」ことが大切だそうです。
 
 
 
 
 
 
 
では今日も大切な人のために頑張りましょう!
 
 
 
 
 
 
今日も最後まで読んで頂きありがとうございました!